おすすめの画像3オンラインギャンブルについて知っておくべきこと - オンラインギャンブルの際に避けるべきトップ3カ国

ギャンブルは、人生のさまざまな面に影響を与えるため、大多数の人々にはまだ広く受け入れられていません。ギャンブルは高い収入を生み出しますが、政府はそれが持っているリスクと利益のバランスを取らなければなりません。

しかし、一部の国では、その人々とその訪問者によるかどうかにかかわらず、これらの種類の活動をまったく許容していません。

世界中にアクセス可能な多数のオンラインギャンブルサイトがあります。ただし、すべての国でこれらの種類のサイトへのアクセスが許可されているわけではありません。国によって設定された法律を無視する人々に重い制裁が与えられます。

ですから、ギャンブルに夢中になる前に、あなたが彼らの領土にいるときは絶対にやらないでください。オンラインギャンブルの際に避けるべきトップ3カ国はここにあります。

オンラインカタールをギャンブルするときに避けるべきトップ3カ国 - オンラインギャンブルの際に避けるべきトップ3カ国

カタール

カタールで見つけることができるようないかなる種類のギャンブルもまったくありません。この国の通りでは、ポーカークラブ、ビンゴホール、宝くじ、または陸上カジノは見られません。あらゆる形態のスポーツを通して賭けることさえ違法です。

オンラインベットを提供するサイトへのアクセスは政府によって規制されています。市民からの賭けを受け入れる外国ベースのサイトをブロックするために、サーバーに制限が設けられています。

ブルネイ

ポストイメージ オンラインブルネイを賭けるとき避けるべき3つの国 - オンラインギャンブルの際に避けるべきトップ3カ国

ブルネイの小さいながらも裕福な国は、その領土内でのいかなる形態のギャンブルも禁止しています。誰も自由にそして合法的にギャンブルに参加することはできません。

それが楽しみのためであろうとオンラインベースのゲームへの冒険のためであろうと、ゲームに本当のお金を賭けることはそのコモンゲーミングハウス法に従って罰せられます。

また、最近ではギャンブルを最も危険な活動のひとつにしている非イスラム教徒にも適用されるシャリアの刑法の側面を採用しました。

アラブ首長国連邦

アラブ首長国連邦は、その電気通信規制機関(TRA)を通じて電気通信部門を規制しています。インターネットのギャンブルサイトにアクセス可能なすべてのコンテンツは政府によってフィルタリングされています。

懲罰は2年間の拘留と、ギャンブルを受けた人々に対する最大2万ディルハムの罰金を含みます。ギャンブル活動の主催者はより重い罰金と罰金を科されます。

オンラインでアラブ首長国連邦をギャンブルするときに避けるべきトップ3の国 - オンラインギャンブルの際に避けるべきトップ3カ国

ギャンブルの場を運営している人、ゲームを組織している人、または自分の場所/家をギャンブルの場として許可している人のために、最高10年の禁固刑が科されます。

ギャンブルを禁止するためのこれらの国々の共通点は、イスラム教であるその国民の宗教によるものです。これらの三国は、彼らの宗教の教えに従うために、いかなる形式の賭けも阻止しようとします。

しかし、違法なオンラインおよびオフラインのギャンブルが発生することは決してないという意味ではありませんが、違法な形で関わっている外国人としては確かに多額の罰則に直面することになります。強調したように、これらの国によって課された法律はその訪問者にも適用されます。彼らの法律に挑戦することは明らかに危険で無謀です。

したがって、常に責任を持って安全に賭けること。ギャンブルが厳しく禁止されている他の国もあります、しかし、外国人のためにまだ余裕があります。トップ3は、しかし、これらの違法行為に少しの慈悲も示さない。

だから、これらの国に旅行するときは、決していかなる種類のギャンブルにも参加しないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です